睡眠対策と治療のコツ

 

睡眠対策と治療のコツでは、深い睡眠の原理を基盤に、個々の睡眠法をご紹介しています。

現代はストレスが多い時代です。また便利になりすぎて、夜でも快適に過ごせるよになり、体を動かさなくても買い物ができるようになりました。これはじつは、心の疲労度ばかりが増して、体の疲労度が少なくなるという、もっとも眠りづらい時代でもあります。そこで睡眠対策が必要となってきます。

もっとも寝付きにくく、不眠症が現れやすい状態は、このように精神的ストレスの増大と、肉体的疲労度の減少です。不眠の原因がわかれば、睡眠対策も立てやすくなります。つまり反対のことを実践すればよいのです。寝るまでに精神的ストレスをできるだけ少なくして、生活に適度な運動を取り入れる、ということです。

精神的ストレスを和らげる方法

睡眠対策としては、まず精神的ストレスを和らげる必要があります。
よく取られる方法としては、寝る前に照明を落として、アロマテラピーの香りでリラックスする。あるいはうす暗い中で、クラシック音楽や安眠CDに耳を傾ける。

寝る前にストレッチ体操や整体、ヨガ、マッサージをしている人もいるでしょう。これらによって筋肉の緊張を取って全身の血行をよくし、副交感神経を優位にするわけです。そのほか呼吸法や自律訓練法などもあります。うす暗いなかで行なうことで、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌も促されます。

運動不足の解消

睡眠対策として運動も欠かせません。
運動には2種類あります。有酸素運動と筋力トレーニングです。ウォーキングなどの有酸素運動は、寝る2時間前にすると、体温をうまくコントロールできるようになり、寝るころに体温が下がってきます。これは入浴でも同様です。

また寝る3時間以上前までに、無酸素運動である筋トレをすると、体の疲労度が増して、それが睡眠物質に変わり、眠りを促してくれます。

食事法も大切

睡眠対策としては、このようにリラックスする方法と運動があるわけですが、これだけでは不十分です。食事も見逃せません。運動・栄養・休養といいますよね?

食べるタイミングによっては、目が冴えて眠れないことになります。
食事は消化の時間を考えて、最低でも寝る3時間前までには済ませるべきです。これによって睡眠中に体の修復作業に専念できるようになり、深い眠りが訪れます。

もちろん食事の内容にも気を配れば、さらに安眠と快眠に役立つことでしょう。
日本食に熟睡のヒントがあるといわれています。夕食は塩分と脂肪分を少なめにして、たんぱく質は植物性のものから摂取するように心がけます。さらに野菜と果物を多くすれば快眠食としては言うことないでしょう。

根本は体内リズムの調整

睡眠対策は、このように精神的、肉体的アプローチ、あるいは食事法というように組み合わせると、相乗効果が期待できます。ただ、ここで大事なことが一つ抜けています。以上の対策法のベースになるようなことです。それは体内リズムを整えるということ。

人には約25時間の体内リズムがありますが、毎朝、太陽の光に当たることによって、24時間に修正しています。このときに朝起きて、夜眠くなるリズムが出来上がります。夜に自然と眠くなる仕組みが完成するのです。これを無視して、冒頭からの睡眠対策だけを行なっても、「砂上の楼閣」となりかねません。睡眠対策の秘訣は、”早起きして朝日を浴びることから”が普遍の原則なのです。

当サイトから、有効な睡眠の対策法を汲み取っていただければ幸いです。

オススメの睡眠対策の秘訣はこちら↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら
不眠症の原因とは?・・・食事面・運動面、夜の光の調節などを見直してみよう!
安眠と快眠にはストレス解消が大切。 眠れない夜の対策法・・・面白い動画を観ていたら逆効果のことも・・・。安眠方法とは?・・・グッズをつかうか、無料で行うか。
美肌と質の良い睡眠・・・ゴールデンタイムにお肌が修復される。 熟睡の方法と安眠について解説しています。体脂肪を減らすには?