睡眠対策と治療のコツTOP > 睡眠のコツとは? > 睡眠と寝言について

睡眠の寝言とは?

 

睡眠で寝言を言う人が、たまにいます。
よく聞き取れない短い言葉だったり、はっきりとした口調でしゃべることもあります。寝言には、このように大きくわけて2種類があります。

その前に、人には二つの睡眠があります。
まず脳が覚醒状態に近く、浅い眠りであるレム睡眠。もう一つは脳が深く休んでいて、意識がないノンレム睡眠。どちらの睡眠時の寝言であるかによって、危険度も睡眠対策も違ってきます。

レム睡眠の寝言

睡眠時の寝言は、浅いレム睡眠のときが多くなります
それは脳が覚醒に近いから。夢を見ているときに発している言葉を、そのまま寝言として言っているわけです。

ただしレム睡眠時は、交感神経が完全に休んでおり、体が脱力しています。
口を動かす筋肉とか声帯も、十分に動かすことができないわです。そのため、むにゃむにゃと、よく聞き取れないような寝言になることが多くなります。これは、とくに心配はないでしょう。

ノンレム睡眠の寝言

いっぽう大脳が深く休んでいるノンレム睡眠時でも、まれに寝言を発することがあります。ノンレム睡眠のときは、大脳は休んでいますが、体のほうは寝返りを打ったりして自由に動きます。そのため口や声帯も自由がきき、はっきりとした口調で寝言を言うわけですね。

ノンレム睡眠時に発生する、はっきりとしゃべる寝言は危険かもしれません。
なぜなら、これは夢遊病(睡眠時遊行症)と同レベルだからです。

夢遊病とは?

夢遊病というと、ノンレム睡眠時で大脳が深く休んでいるにもかかわらず、起きだして、そのへんを歩き回る睡眠障害です。目はうつろで、揺り動かしても、なかなか目を覚ましません。下手に近づこうものなら、暴力を振るって怪我をすることもあります。もちろん本人には自覚はありません。なかには食事をしたり、フロに入っている人もいるそうです。

このようにノンレム睡眠時の寝言は、夢遊病の素質をもっていると考えられます。一度、医師に見てもらったほうがいいかもしれません。ノンレム睡眠時は、大脳を休める大切な時間帯。それなのに、このように体を激しく動かしては、脳も完全には休まりません。重大な健康障害が引き起こされる可能性があります。

幼児は脳が未発達のため寝言を言う

睡眠の寝言は、小さな子供にとくに起きがちです。
ふつうは、筋肉の刺激が脳に伝わると、それによって目が覚めるはずです。ところが小さな子供の場合、脳が未発達なため、口の筋肉や声帯などの刺激が脳に伝わっても、覚醒しないわけです。

これは言ってみれば、おねしょと一緒です。
膀胱が尿でいっぱいになったという刺激が脳に伝わっているのに、それを感知しないために、お漏らししてしまうわけです。ですから子供の寝言は、おねしょと同様で、脳が発達するにつれて自然消滅していくと考えてよいでしょう。

寝言には返事をしてはいけない?

睡眠で寝言を言っているときには、返事をしてはいけないとよく言われます。
これは、本当のところはどうなのでしょうか?迷信的に信じられていることもありますが、これらに科学的な根拠はまったくありません。昔の人は、仰臥姿勢と死を同列に見ていたのでしょう。

ただ、いままでの話から、むにゃむにゃ型のレム睡眠の寝言に対しては、返事をしたり、話しかけることはしないほうがいいでしょう。レム睡眠というのは、脳が覚醒状態に近く、耳からの情報が夢に反映されます。そのため寝言に返事をしてしまうと、寝ている人の脳が休まらず、浅い眠りになる危険があります。

いっぽう、ハッキリしゃべるノンレム睡眠の寝言に対しては、話しかけても大丈夫だと思われます。なぜなら、このときは大脳が深く休んでおり、意識がないため。

それよりも、この場合は、早急に医師に相談したほうがよいかもしれません。
それに本人は重大な状況かもしれないのですから、念のためにふざけて話しかけることは、しないほうがよさそうです。

オススメの睡眠対策の秘訣はこちら↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら